COUNTER
PsxMCの特徴 HOMEに戻る PsxMC開発室に戻る
■なんてったって、変換ソフト

まず、一番の特徴は、変換に特化した機能であるということでしょう。 AVI変換機能を持つSTRプレイヤーソフトはいくつかありますが、 プレイヤー機能を持つ変換ソフトはそれほどありません。

PsxMCの変換機能で一番うれしいのは、複数のストリームを一度に変換できるということでしょう。 時間のかかる変換処理をまとめて実行しておけば、寝ている間にやっておいてくれます (HDのゴリゴリという音が気にならなければ、ぐっすり寝てられます・・・)。



また、変換スレッドの優先度を設定できるので、変換スレッドの優先度を下げてパネルを最小化しておけば、変換を実行しながら別の作業も快適に行えますよ。たぶん・・・



■プラグインだからね!

プレステのストリームデータの中には、標準のSTRファイルを読むロジックでは処理できない形式のものがあります。 PsxMCは、ストリームデータの読み込みをプラグインで実装しています。 そのため、現在存在しないような形式のストリームデータを使用しているゲームが出たとしても プラグインを作って入れればサポートできるようになります。



■CD-ROMの解析結果を自動で再利用

PsxMCでは、CD-ROMを解析して処理できるストリームデータを探索します。 この処理が結構時間がかかります。(なんか、欠点みたい ^ ^;) でも、解析結果をファイル(CDAZファイル)に保存するので、2度目以降は再度解析する必要がありません。 他人が解析して出来たCDAZファイルを自分のPCにコピーして利用することもできます。

その上、手動で解析結果のファイルを指定しなくても、 ドライブにあるCD-ROMの情報が納められているファイルを自動的に識別するのでとっても便利です。 CDAZファイルについては、他にもちょっとうれしい機能があるのですが、 詳しくは「CDAZについて」を見て下さい。



■劣化ゼロでHDDに保存

PsxMCは変換するためのソフトですが、再生用に利用している方も多いでしょう。 そのような方の場合、再生させたいゲームのCDをいちいち入れるのは面倒ということで、 HDDにムービーデータを保存しておきたいと思われるのではないでしょうか?
プレステのムービーを無圧縮AVIで出力すると巨大なファイルとして出力されてしまいます。 かといって、コーディクを使用して圧縮したAVIだと画質が劣化してしまいます。

そのような方は、CSTR形式でHDDに保存してください。この形式は、元のデータから余分なデータを 取り除いたものなので、画質や音質を劣化させることなく、コンパクトに、高速にムービーを保存できるのです。

また、『CSTRファイルリーダー』を使うことにより、 堀氏のTMPGEnc に読み込ませることができるので、MPEG変換用の中間ファイルとしても最適です。



■再生もできますよ

PsxMCは、変換機能に特化していますが、再生させることもできます。 もちろん、スライダーを使って目的のシーンに移動させたり、 一時停止してお気に入りシーンのフレームをBMPやクリップボードに出力したりということも可能です。







HOME PsxMC開発室に戻る このページのトップに戻る